随筆

随筆

お茶と権力

本文 アートがなぜ価値を持つのか。よくよく考えてみれば不思議である。紙だの布だのに絵の具を塗ったものに何十億もの値がつく。昨今では、NFTによりデジタルデータにさえ、高値がつくようになった。なぜ高値がつくのか。投機的な資金の流れか、...
随筆

〈武家の王〉足利氏

本文 同じ人間だというのに、なぜか上下関係が発生している。それは役職が上だからか、お金をもらう相手だからなのか、年が上なのか、いろいろ理由はある。しかし、私達が常日頃行っているマナーもまた上下関係を形成する一助となっているのではない...
随筆

小説とカネ

本文 小説家を志すものとして、少なからず「これで飯が食えたらな」と思ったことがない人はいないと思う。かくいう私もその1人だ。 小説家が「印税」という歩合制で報酬を得るようになったのは、日本では、夏目漱石の登場まで待たなければな...
タイトルとURLをコピーしました